生きる、ということ

ぼくが生きているうちは、綴っているのだろうとおもう

死の家

ぼくしかいない この部屋

もうあの子はいない

なのにいつもゆうれいみたいに気配を感じるの 「そこにいるの?」 錯覚する

においが、残っている気がする まだ、いてくれてるような気になってしまう

 

ここにあるのはもう君の残骸しかない筈なんだけどね

棄てられない触れられない残骸がね あるだけなの ほんとは

 

ぼくはきっとなんとなく、止まってる

 

ぼくはきっとなんとなくは、動いてる

 

死の家に住みながら、死のにおいを感じながら 甘ったるいにおい どんな苦い思い出も過去になれば全て甘い砂糖菓子

甘ったるいにおいに変わるの 毒されたみたいに、そこから動けない

 

でも ぼくは 進んでる 確実に 進みたいんだよ だから 進む

甘ったるいにおいと気配と残骸と共に 進む

 

生きる

 

愛する