生きる、ということ

ぼくが生きているうちは、綴っているのだろうとおもう

正しい選択なんてない

 

だから

 

間違った選択もない

 

あとから

自分が行った選択を気に入るか、気に入らないか

 

ということ