生きる、ということ

ぼくが生きているうちは、綴っているのだろうとおもう

「きみがおかしくなったのは、なにもおかしくないよ」