生きる、ということ

ぼくが生きているうちは、綴っているのだろうとおもう

さびしがりは食いしんぼう

明けない夜がずっと続いて、高い廃塔の上にいる孤独な少女。

続く永遠の夜は暗いけれど、少女の真上には月がずっと光っているので明るい。

少女は昔の思い出に思いを馳せる。

 

 

彼は自分を守るために、1番大切な存在も自らの手で殺してしまった。

 

 

「にがい…」

「あたし、もっと甘いのがいい」

「…………………」

 

「経験が足りてないから苦いのね」

 

 

「ほんとよく食べるね」

 

 

さびしがりは食いしんぼう

足りないタリナイたりないよ