生きる、ということ

ぼくが生きているうちは、綴っているのだろうとおもう

あたしとぼくと俺

自分にいらいらするばかりの日々だ

抜けないと

 

強くならないとキツイ

抜けられないよね

自分が孤独で当たり前の人格に生まれてきたんだよってことを素直に普通に認められないと、ずっとキツイ人生だろう

 

認めることができるようになれば、大分楽になれる