生きる、ということ

ぼくが生きているうちは、綴っているのだろうとおもう

消したい記憶だけ選択して消せるのなら、人生楽なのに

見たくないものは見なくていい

 

 

じゃなかった

 

見ると辛いから見ないようにしてるんだ

 

 

消したい記憶だけ選択して消せるのなら、人生楽なのに

 

それができたら何が残るのだろう

 

空っぽになるのだろうか

 

 

埋めて、消して、埋めて、消して、埋めて、消して………………

 

 

そこにはナニカがボロボロに壊れたナニカが居た